HOME>オススメ情報>タトゥー除去を検討するならクリニックの症例を確認する

タトゥー除去は痛みなし?!術中や術後の様子

施術時に麻酔がかかっていても、麻酔が切れれば切ったり削ったりした痛みは残ります。術後の傷の残り方などはその病院の似たような施術例を見せてもらえると参考になります。

タトゥー除去の方法

周辺の皮膚を切って縫い合わせる

切って縫えるサイズのタトゥーであれば縫いあと1本だけにして消すことができます。

レーザーを当てることで色を薄くする

色の濃いところに反応するレーザーの性質を使って、色を薄くしていきます。

範囲が広いと皮膚の表面を削る

大きなタトゥーになると皮膚の表面を削って、残りをレーザーで消していきます。

別の場所から皮膚を移植する

太ももや背中など目立たないところから皮膚を移植して、かぶせる形で消します。

複数回に分けて施術することもある

削るときや移植するときは複数回に分けて少しずつ行います。

タトゥーの沿革

女性

タトゥーは入れ墨のことを言います。今日ではファッションの一つとして一般的になってきていますが、未だに良くないものという認識があり、タトゥー除去を考える場合があります。沿革的に、昔の刑罰として前科者の印とされた歴史がタトゥーに対する偏見になっているようです。タトゥーは、肌に針などで傷をつけ、墨汁や顔料を刷り込んだものですので、これを除去する方法がいくつかあり、各々メリットとデメリットがあります。

手術とレーザー療法

刺青を彫る

タトゥー除去の方法は三種類です。1つは手術で取り除く方法です。1回の手術で、2回程度の通院が必要です。費用は一概に言えないですが高価です。一回の手術で消えない場合は、同じ手術を繰り返します。この方法は、手術の跡が残ると言うデメリットがあります。二つ目はレーザー手術で消す方法です。この方法も全般的に手術と同じです。ただし、黒が主体のタトゥーに有効ですが、それ以外の色にはあまり効果が期待できないと言われています。また、白く模様が残るというデメリットがあります。

テープをはる方法

男性

タトゥー除去の三つ目の方法はタトゥーをいわゆるファンデーションテープを張ることで消す方法です。ファンデーションテープは水に強い肌色のテープです。これが最も手軽であり一般的と言えるでしょう。手術やレーザー治療と違って治療期間がないというのが最大のメリットです。また、費用も格安です。数千円で購入するだけです。しかし、貼り付けるわけですから、根本的なタトゥー除去とはなっていないと言えますし、はがれたら新しいテープを張る必要があり、これらがデメリットと言えるでしょう。

広告募集中