こんな人にタトゥー除去はお薦めです

一度入れたタトゥーでも就職や結婚を機に消したくなる人は案外たくさんいます。目立つ場所に入れてしまうと隠すのも難しいので安全な施術で除去するのがおすすめです。

タトゥー除去にかかる費用を解説

費用はどうやって計算しますか。

皮膚切除か皮膚移植かやタトゥーの範囲等によって異なります。大体の金額は算出できますが、具体的な金額は直接サロンやクリニックに問い合わせましょう。

タトゥーを入れた部位によって料金は変わりますか。

皮膚の薄い所は施術が難しいなど、体のどこの部分のタトゥー除去を行うかで金額は変動します。

施術後の通院は必要ですか。

合併症の発症を防ぐため、経過観察が必要です。施術したクリニックやサロンの指示に従って通いましょう。その際の通院費も費用に含めて考える必要があります。

サロンの方が費用が安く済みますか。

サロンの治療は一定期間通い続けることが前提です。一度の施術で考えず、消えるまでの金額を総合判断すると必ずしもサロンが安いとは言えないこともあります。

除去に健康保険を使うことはできますか。

たとえ総合病院にかかったとしても全て自費診療となります。受けなければ命や健康にかかわるものではないためです。

レーザー治療は体に負担が少ないです

タトゥー除去

若い年代の人は、ファッション感覚でタトゥーを入れている人が増えています。就職や転職、結婚などを予定している人は、美容外科のクリニックでタトゥー除去を希望している人が多いです。中高年以降の年代の人は、入れ墨に対してマイナスなイメージを持っている人が少なくありません。美容外科のクリニックでは、比較的小さい形状の場合は、レーザー治療を行っています。タトゥーが入っている部分に、レーザーを照射することとで薄くすることが可能です。以前は明るい色には反応しにくかったですが、現代は医療技術が向上しているので、除去が可能です。切除をして縫合する方法に比べると、腫れやダウンタイムなどが少ないのが特徴です。ゴムで弾かれた程度の痛みなので、安心して通院が出来ます。レーザー治療の場合は、患部を濡らさない場合は、当日からシャワーも可能です。激しい運動や肉体労働などは控えて、十分な休息や睡眠を取ることが大事です。美容外科のクリニックでは、プライバシーは厳守してくれます。

タトゥーが広範囲の場合は切除縫合をします

刺青

背中や腕などに広範囲に入れ墨が入っている場合は、皮膚を切除して縫合をする手術を行います。事前に麻酔をしてくれるので、手術中は痛みを感じることはありません。タトゥーが大きい場合は、分割して切除をすることもあります。美容外科のクリニックでは、なるべく傷跡が目立たないように丁寧に縫合をしてくれます。タトゥーを入れる時よりも、タトゥー除去のほうが長期間に及びますし、費用も掛かってしまいます。若い年代の人はタトゥーを入れるデメリットなども、きちんと理解をしておく必要があります。完全個室で診察が受けられるので、不安や悩みを相談しやすいです。美容外科のクリニックでは、デリケートな悩みも親身になって聞いてくれます。

広告募集中